経費を即現金化!「キャッシュフィールド」についてサービス内容、評判、利用手順をご紹介します。

はじめまして。
皆さんは「経費ファクタリング」というサービスをご存じですか?

会社員の方であれば本来会社のお金として計上する「経費」を一時的に自己負担し、後の清算日に返金してもらうということがあると思います。

経費には交通費や宿泊費、飲食費など様々で、業務上発生するこれらの経費の領収書などを元に後日お金を清算してもらうと思います。
これらの一時負担金は「立替金」とも呼ばれます。

そのような仕組みの会社で働いていると
「今月清算日までお金が足りない」
「お金がないけど借金するのもなぁ」

こういった悩みを抱えている方もいるかと思います。
立替金がかさんで「金欠状態」。だけどもお金を借りると色々面倒。
そのような厳しい状況に置かれている方に知ってもらいたいサービスです。

「清算日を待たずに現金化」「誰にも知られずにお金を借りられる」
そんなサービスを提供しているのが「キャッシュフィールド」の「経費ファクタリング」サービスです。

今回はそのサービス内容からメリットやデメリット、利用手順などを解説していきます!

これを知ればいざというときにピンチを救ってくれるかもしれません。

 

キャッシュフィールドってどういうサービス?

サービス内容としては「立て替えた経費を即日現金化する」というものです。
立替金は本来自身の会社や取引先に請求するものですが、その債権を「第三者」に譲渡することでいちはやくお金を受け取ることが可能になります。

利用に関するお金の流れは以下の例のようになります。

この図のように、経費清算書の額面金額から「手数料を差し引いた金額」が現金として振り込まれます。

この例の場合「額面10万」-「手数料20%(2万)」=「8万円」が現金化されます。

その後に本来の清算日に清算された「10万円」を「弁済金」という形でサービス会社に支払うという形になります。

一見すると
「ただ手数料が引かれて損なのでは?」
と思う方もいるかと思います。

そんな方へ、次の項目では「利用するメリット」について解説します。

キャッシュフィールドを利用するメリットについて

以下がキャッシュフィールドの特徴であり、主なメリットになります。

①「お申込みから最短15分で現金化」
申し込みには審査があり、必要書類を準備する必要があります。
ですが「最短5分のスピード審査」が売りであり、用意する書類もすぐに揃えられるものばかりですので、現金化までがはやいです。

②「審査時の在籍確認なし」
同様のサービスを利用する際に、中には「在籍確認のため会社に電話」するケースがあります。
ですがキャッシュフィールドではそのようなことはなく「完全2者間」での取引となります。

③「誰にも知られずに利用可能」
いわゆる「融資」とは異なるサービスなので、「借入記録」が残りません。
なので「会社や家族」にお金を借りていることを知られずに利用できます。
ここまで「機密性」が高く、お金を借りられることは中々ないです。

④「金融ブラックでもOK」
いわゆる融資のサービスを受けられないような「ブラックリスト」に登録されている方でも審査に通れば利用できる点も特徴です。

⑤「土日祝も夜8時まで営業」
営業時間は年末年始を除いて平日休日問わず10時~20時となっております。
休日も利用でき割と遅くまで営業しているので、いざというときに助かります。

キャッシュフィールドを利用する注意点やデメリットについて

①「満額借りられるわけではない」
はやく現金化できるかわりに「手数料分」金銭的には損をすることになるのでその点は把握しておきましょう。

②「手数料が一定ではない」
手数料は20%~となっているため、借入金額や借入主の状況によって割合は変化します。
気になる方は事前に問い合わせから確認しておきましょう。

③「手数料が高い」
手数料の金額をどう感じるかは人それぞれですが、場合によっては「30%」ほどかかるケースもあるようなので少し痛い出費になるかもしれません。

サービスの利用手順

それでは実際にサービスを利用する際の手順をご紹介します。

①公式サイトにアクセスし、ページ下部の「お申込みフォーム」より必要箇所を入力して送信します。

②審査のために必要書類を提出します。
必要書類は以下の通りです。

③「応募フォームの情報」と「必要書類」を元に審査を行います。
「最短5分」のスピード審査によって合否をお知らせします。

④審査に通過すると「電子契約書」が送られてくるので、契約内容をよく確認して署名を行います。

⑤契約が締結されると指定した自身の口座へお金が振り込まれます。
お申込みから「最短15分」で振り込みが完了となります。

⑥会社の清算日に合わせて弁済金をサービス会社指定の口座へ振り込みます。
この振り込みが完了した時点で「取引終了」となります。

以上のような流れになります。
これでざっくりと利用するイメージがつかめたと思います。
特に難しいところはなく、書類の用意を済ませてしまえば基本は待つだけになりますので簡単です。

キャッシュフィールドの口コミを調べてみた!

ここでキャッシュフィールド利用者の生の声をご紹介します。

「簡単に利用できた。しかも本当に早い。」

「最短15分」がアピールポイントなだけあって、スムーズに事が進んだようです。すぐにでもお金が欲しいという人のニーズにマッチしていますね。

「いざというときに使えるサービスだと感じた。」

土日もOK、夜8時までOK、ということで急な入用ができてもすぐに利用できる点は魅力的です。

「手数料は少し高かったが、審査は割と簡単に通る」

手数料はどうしても気になる点ですが、即現金化のメリットを考えると仕方のない出費なのかもしれません。ちなみに審査は割と簡単に通ったようです。

「問い合わせをしたら丁寧に対応してくれ、親切だった」

同様のサービスを利用したことがない人であれば色々不安な面もあると思います。キャッシュフィールドはサポート体制も充実しているので、聞きたいことは遠慮なく尋ねましょう。

キャッシュフィールドは信頼して大丈夫?

以下が「キャッシュフィールド」のサービスを提供している会社の概要になります。

残念ながら今回のような金融サービスを提供する会社の中には「悪徳」な会社も存在するのが実情です。

ですが、この会社の公式サイトには「反社会勢力に関する基本方針」が掲げられており、そういった裏社会との関りがないことが明記されています。

また、「個人情報」の取り扱いに関しても明記されていますので、安心して利用できます。

ま と め

「キャッシュフィールド」は「立て替えた経費を即日現金化」してくれるサービスです。

最短15分で現金が振り込まれるというスピード対応が特徴です。

他にも「誰にも知られずに」「借入記録が残らずに」お金を借りることができるサービスなので人の目を気にせず利用できます。
また、「金融ブラック」の方でも借り入れが可能です。

営業時間も10時~20時までとなっており、土日でも利用できるので緊急の入用ができても安心です。

利用に関しては必要書類を揃えればあとは振り込みを待つだけなので、とてもシンプルで気軽に利用できます。

ただし、「手数料がかかる」という点と、「期日にはお金を返済する」という点を理解して無理のない範囲で利用しましょう。

今回は「キャッシュフィールド」のサービスについて紹介しました。

本記事の内容で不明な点があれば気軽に問い合わせをし、確認してから利用しましょう。


お問い合せ